セーフティーサポートに関する調査概要

セーフティーサポートに関する金融業界調査の流れ、および結果をこのページにてレポートする。
セーフティーサポートはクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスを提供しているが、同業の会社によく見られる問題点に関して、セーフティーサポートについても同様の調査を行うこととした。調査に関する概要は以下のとおりである。

  • 現金化する際の換金率は適切か
  • 会社としての信用はどの程度であるか
  • 申し込み方法に違反はないか

セーフティーサポートの公式サイトは以下で間違いないと思われる。

パソコン版

セーフティーサポート公式サイトPC版

スマートフォン版

セーフティーサポート公式サイトスマートフォン版

(上記画像から公式サイトへ行き、実際の申し込みも可能)

公式サイトに記載されている内容に、虚偽や過大表現がないかについても調査を行った。

セーフティーサポートが現金化する際の換金率は適切か

セーフティーサポートがクレジットカードショッピング枠を現金化する際の換金率は以下のとおりである。

セーフティーサポート現金化の換金率

調査済の同業他社の換金率との比較を実施した。

比較業者1

クレジットカード現金化の換金率その他業者1

比較業者2

クレジットカード現金化の換金率その他業者2

上記の比較業者1および比較業者2は、セーフティーサポートと同じくクレジットカードショッピング枠を現金化する業務を行っている業者で、既に調査済の業者である。以下のように、対照的な2業者である。

比較業者1

非常に高い換金率を誇っているが、顧客とのトラブルが絶えない業者である。高い換金率を提示することで強引な集客を行い、多額の手数料収入を得ることが目的と思われるが、入金日の遅延、入金額の間違い、一時的に連絡が取れなくなる、等の問題があった。それらの問題は単なるミスによるものではなく意図的に行われていたと結論付けられ、悪質と区分された業者である。

比較業者2

同業界において「平均的」と結論付けられた業者である。換金率は同業他社に比べて目立って高いわけではないが、現実的な換金率であり、顧客対応などに関しても大きな問題はなかった。

セーフティーサポートの換金率は、比較業者2よりわずかに高いものの、ほぼ近い値であり現実的な換金率と結論付けられる。業務遂行の正確さ、顧客対応能力などに関しては後述するが、換金率に関しては「現実的な換金率であるが、やや平均以上」と表現できる。

セーフティーサポートは会社としての信用はどの程度であるか

セーフティーサポートの会社としての信用度を調査した。クレジットカードショッピング枠現金化のサービスを提供する会社の中には悪質な会社が多いので、これは重要な調査である。

セーフティーサポートの会社概要は以下のとおりである。

セーフティーサポートの会社情報

特に問題のなさそうな会社概要であるが、先にも説明した比較業者1の会社概要と比較してみる。

クレジットカード現金化その他業者1の会社情報

比較業者1の会社概要では、住所が正確に記載されていない。これは、同業界で悪質とされる業者の典型的な特徴である。セーフティーサポートはこれに該当しない

セーフティーサポートの会社概要が事実であるかどうか、以下の調査を行った。

電話:つながる。対応に問題なし。

メールアドレス:届く。返信もあり。

住所:有明フロンティアビル(http://www.tokyo-teleport.co.jp/b/ariake/)となる。一般的なオフィスビルであり、架空の住所などではない。実際に現地に足を運んで確認を行ったが、控えめなものの会社のロゴを確認することができたので、実在している会社と結論付けられる。

「会社としての信用」として考えた場合、上場しているか、どのような取引先があるか等で判断されることが一般的ではあるが、クレジットカードショッピング枠現金化のサービスを行っている会社に対してはそぐわない判断基準である。会社が存在すること、顧客対応能力があること等が判断基準となるが、セーフティーサポートに関しては「信用できない会社ではないと表現できる。

セーフティーサポートの申し込み方法に違反はないか

セーフティーサポートにてクレジットカードショッピング枠現金化を申し込む場合、以下のような流れとなる。

電話、またはインターネットのウェブサイトから申し込み

運転免許証、または健康保険証にて本人確認
(初めて申し込む場合のみであり、2回目以降の申し込みに関しては不要。)

セーフティーサポートが指定する商品を、クレジットカード決済にて購入

クレジットカード決済が確認後、指定の口座に現金が振り込まれる

上記の流れについては、クレジットカードショッピング枠現金化のサービスを提供する同業他社と比べて特段の相違点はないが、特筆すべきは「最短5分で現金が振り込まれる」と公表している点である。
その点を含めて、実際にセーフティーサポートに申し込んだ結果は以下である。

調査員A(申し込み金額5万円)
申し込み中のトラブルは特になし。現金振り込みまでの時間はおおよそ5分。

調査員B(申し込み金額40万円)
申し込み中のトラブルは特になし。現金振り込みまでの時間はおおよそ7分。

調査員C(申し込み金額90万円)
申し込み中のトラブルは特になし。現金振り込みまでの時間はおおよそ6分。

調査員D(申し込み金額120万円)
申し込み中のトラブルは特になし。現金振り込みまでの時間はおおよそ9分。

申し込み金額が増加するほど振込に時間がかかる傾向はあったが、5分という結果が出たので「最短5分」という表現は過大表現ではないと判断できた。

以上のような点から、セーフティーサポートの申し込み方法については「特に問題なし」と結論付けられる。

セーフティーサポートに関するその他の懸念点など

セーフティーサポートに関しての懸念点は、「24時間対応」との誤認を与える可能性があるという点である。24時間対応はインターネットおよびメール対応のみであり、電話対応についてはそうではない。その旨を公式サイトに記載はしているものの、もう少し分かり易く記載すべきと考える。

セーフティーサポートの総合評価

金融業界調査においてのセーフティーサポートの評価は、以下の通りの区分とする。

総合評価:AA+

パソコン版

セーフティーサポート公式サイトPC版

スマートフォン版

セーフティーサポート公式サイトスマートフォン版

(上記画像から公式サイトへ行き、実際の申し込みも可能)

 

以上

調査報告者:山村健二
調査報告日:2017/05/17